トップ商品一覧 │ 顧客管理サービス

業務管理の手助けに

クラウド型顧客管理システム

文尚堂のサービス

1.日常業務からのデータ蓄積情報一元化
2.ツールの統一
3.情報の利用統一化
CS Cloudとは?

中小企業向けに最適なSFA/CRM
(営業・顧客・業務支援ツール)です。
バラバラに管理された情報が一元管理され、各部署
担当者が必要な情報が共有化され業務効率がUPします。
また見積書作成ツールなども統一され、リアルタイムな
数値管理が実現します

文尚堂のCS Cloudは、中小企業向けトータル業務支援システム

営業売上UP!、顧客満足度UP!、社内コミュニケーションUP!

シンプルな業務フローで効率的な営業活動とスリムな組織運営が

CS Cloudで実現することが出来ます。

1.日常業務からのデータ蓄積情報一元化

日常業務からのデータ蓄積(情報一元化)の流れ

訪問スケジュール顧客訪問先が業務日報に自動反映
業務日報で対応状況を入力すれば業務日報は終了。
見積書作成機能で見積管理もでき見積案件管理から営業数値管理もできます。

2.ツールの統一

中小企業にグループウェアが定着出来ない理由として挙げられるのが
顧客管理や営業支援などのツールが統一されていない事や入力手間がかかり利用されなくなるケースです。
また蓄積した情報を上手く有効活用できず、導入効果に満足できないケースも多くあります。

CS Cloud中小企業向けに開発され、日々の業務プロセスから顧客カルテ情報が
蓄積されていくので社員の報告業務が効率化され定着率の高いツールとなっています。
また見積書作成ツールなどが用意されているので、営業数値・見込案件なども自動管理されます。

ツール統一化イメージ

3.情報の利用統一化

顧客情報が一元管理される事で過去の対応履歴から受注・見積履歴などさまざまな情報を確認する事ができます。引継なども容易になります。

商品や地域、担当、対応有無などさまざまな条件で分析・抽出などが可能になり顧客毎に合わせたキャンペーンや対応も可能になります。

サポートセンター等への問い合わせ対応内容を担当へメール送信できます。一定期間対応していない顧客などリストメールも配信可能。

ページ上部へ戻る
お問い合わせフォーム TEL TOP