トップへ | 文尚堂文化

文尚堂文化

共通の価値観と行動基準を持ち目標に向かって力を注ぐ。
「文尚堂文化」を明確に定めこれを宣言し共感してくれる人たちを集め協力を求める。
指示されるより、自分で考えて動く事を心地よいと思える集団、
常に【文尚堂文化】に立ち返り、是か非かを容易に判断できるようにするための価値基準。
能力が有っても、謙虚さも無く「文尚堂文化を理解出来ない人」
と一緒に目標を達成しても、それは成功では無く妥協だ。

01

文尚堂の仲間に成れて喜んでもらえる

自分の子供が大きく成ったら働きたいと言ってくれる会社。
笑顔・笑い・明るく・楽しい会社。
文尚堂に入社して良かったと思われる会社。
朝から会社に行きたいと思える会社。
結果、お客様はそんな会社と取引したいと思って貰えます。

職場が暗い、挨拶も無い会社のサービスは
間違いなく【最低なサービスです】

02

謙虚で礼儀正しいメンバーの集まり

性格の悪い人がいない会社

小さな思いやりや、礼儀を大切にし、小さな事でも約束を守る。
小さな事でも嘘はつかない、嘘は必ず気づかれる。
お互い誤解を生まない様に誠実さを言動で示すこと。
あやまちに気づいた時に、直ぐに謝ること。

03

変化を恐れずチャレンジを楽しむ

当社が存続しているのは、今のサービスをお客様に認めて頂いているだけで、
お客様のニーズは常に変化する事を認識し、
お客様の【経費削減】【業務効率】【売上 UP】【安心・安全】【楽しんで頂く】
のサービスに特化し、【文尚堂文化】に共感できる人を募り愚直にチャレンジを続ける。
大企業が生き残るのでは無く、お客様の要望に合わせて変化出来る会社が生き残る。
1つの商材には、有効期限が有る事を知る。

04

お客様基準にした文尚堂文化を築いて育むこと

[何がお客様に感動・喜んで貰えるか]

社員がお客様1人1人を理解して、
何をすれば期待を超えることに成るかを真剣に考えて実行する。
目的はモノを売ることではない。
お客様の期待を超えるサービス、
お客様に感動や驚きをもたらすサービスを提供し続ければ、
一生涯のお付き合いが出来ます。

05

お互い個性を尊重する

[先ずは相手に興味を持つ]

【仕事とは人間関係】
人間関係が円滑な人は仕事が出来る人です。
目的を達成するには、色々な方法が有る事を理解する。
「自分の考えが正しい」と固執する様な人は、常に誰かに対して不平・愚痴を言っています。
結果、風通しが悪く成り組織は崩壊します。
文尚堂を通してコミュニケーション力を高め、オープンで素敵な人間関係を作ろう。
相手の価値観や重視している事を尊重しよう。

06

私利私欲 公私混同しない

自分だけが得をしようとすると、必ず他人に伝わる事を理解する。
結果信用を失い、結果大きな損をする事を理解する。
皆が同じことをしたらチームが成立つかを基準に考え、
【自分は特別】との考えを捨て、個々が私事を捨てて、
公の目線で物事が観れる様に努力する。
家族の様なチームを創ろう。
そうすれば、どんな問題でも力を合わせて乗り越える事が出来る。
皆が自分の為に何をしてくれたかでは無く、
自分が皆の為に何が出来るかを考えられる人の集まりの会社。

ページ上部へ戻る
店舗お問い合わせ
お問い合わせフォーム TEL TOP